読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○愛体→山田涼介○




**


#JUMPで妄想 裏


ももかさんリクエスト


**






筋肉が目の前で、揺れる。

その割れ目をなぞるように触ってしまいたくなるのは何故だろう。



『なに、可愛いことしてんの』



「…触ってみたいなって、」



私の言葉を聞くと、口角を上げる涼介が、私の服の中に手を入れる。



『〇〇の肌、スベスベ。』



「…手つきが、」



『ん?感じちゃう?』



向かい合ってはいるものの、距離感が分からないみたいで

鼻と鼻を擦り合わせながら、お互い話して、吐息が肌にかかる。



「んっ…」



『やわらかぁ』



胸に登ってきた手が、私を欲情させる。


先端をくりくりと、執拗に弄ってくるから、嫌でも感じてしまう。



『ん〜固くなってきた』



「ねぇ、当ててる、…」



『わざと』



涼介の熱を帯びたものが、私の太股に当たって。


私は意識せずにはいられない。

胸を弄られているだけ。それだけなのに、下が濡れていく感覚。



「…涼介?」



『んー、』



答えるように、聞こえるその言葉もキスで済まされて

なんだか、私は涼介の全てに甘い事の証明みたい。



『濡れてるね、』



もう、服なんて、下着以外は何も身にまとっていない。

素肌と素肌がぶつかる、その部分が熱い。



『…取っていい?』



「聞かないでよ、」



ブラのホックを外した涼介は嬉しそうに微笑む。


固くなってるところ、舌を伸ばして、つんっと当ててくる。

私の声が部屋に響いて、涼介がちらっとこちらを見る。


前髪越しの、その視線に、私はどきっとする。



「ねぇ、…涼介……」



『うん、待て待て。』



わざとらしい、その口調に私は私で、期待の眼差しを。


中に指を入れることもなく、ずらされた下着。

当てられたのは涼介の腫れ上がったそれで。



「…んっ、……大きいっ」



『煽んな〜』



「…、、だって…、」



涼介が先端だけいれて、擦る。それだけの動きで。


疼きが止まらない。



『もう好きすぎてどうにかしちゃいそう』



「…んっ、!!」



その言葉が合図のように奥までずんっと入ってくる。


涼介の手が私の手を繋いで、激しく腰を動かす。



「いっ…ちゃ……」



『いって……ほらっ!』



私の痺れるような声と、涼介の荒い息が空中でぶつかる。

中でまだ動く涼介に私の身体は素直に締めて。


涼介が果てる頃には、私は何度イッていたのだろうか。



『…他の奴には見せないでよ』



「見せないよ…」



涼介の頬に誓いのキスを、してみる。


まだ抜かれていないものが中で、形を取り戻していく。



「涼介、もう無理っ」



『でも、〇〇のせい』



少しずつ、動き出す涼介に私はシーツを掴む。



『好きだから、ずっとね、』



「んっ……あ、……りょっ…すけ…」



『可愛い…可愛いよ…』



名前を呼ばれる、その声よりも、身体の奥の感覚に敏感になる。



『…もう、本当に可愛いことしないでよ』



中に2度目の欲を出した涼介が私の頭を撫でるけど

私にはその気持ちに答えるだけの体力が残っていない。



『おやすみ…また明日、』



愛を身体で表現し合う、私たちの関係はいつまでも、変わらない。






…fin