読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○アイシテ→薮宏太○

 

 

**


#JUMPで妄想 裏


**


フォロワー様400人突破記念企画


(愛華さんリクエスト)


**


Very thanks!


**

 

ベットの上、肌が蒸気を発する程に熱い。


「…んっ…あ…っ……」


『まだ……だろ?!』


俺の上に跨る〇〇の良いところを探りながら突いてみる。


予想通りの甘い声が、俺の部屋に響く。


『……ほらっ…』


「あっ……ね、だめ……」


『好きだろ?一緒に弄られるの。』


胸の突起を弾く。


身体を起こして、頭が離れないように固定して舌を絡める。


『…そろそろ?』


「んっ……あ、……うん、…っ、」


肌に赤い、欲望の印を残して、俺は〇〇を満足させる。


「…もう、光に見せられないじゃん……」


少し怒った声の〇〇。


『見せなきゃいい…俺がいるだろ?』


「…光が相手してくれないから、仕方ないでしょ?」


『だからっ…』


「宏太、しつこいよ」


俺から距離を取った〇〇が、俺のを引き抜いて、きっと睨んでくる。


さっきまで、俺の上で鳴いていたと思えない、意地悪な顔。
もはや本物の悪魔にさえ見えてくる。


その悪魔を好きで、しょうがないのは俺の心。


光の彼女だって、紹介されあの日から。


「…あっ…最近、光どう?」


『どうって…』


「ん〜、バレンタインあげなかったから、怒ってたかな?って」


『本当にあげなかったの。』


「だって、仕事って…本当にいつぶりって感じですよ」


ベッドの上、裸で俺の隣。惚気とも取れる光の話は止まらない。


『…ねぇ、したいんだけど』


これ以上聞いていられなくて、俺は〇〇をまた引き寄せる。


どんなに抱いても、ここに本当の心は現れない事くらい分かっている。


「…妬いた?」


『うっさい……感じてろ!』


声を、抑えながら、俺を煽る余裕を見せる〇〇に少し苛立つ。


目を閉じれば、脳裏には〇〇と微笑む光。
ライブの時、俺の遠くで、ふざける光。


そういう罪悪感はいつでも芽生えるというのに、
目を開ければ、現実として目の前には裸の、愛しい君がいる。


『…俺の、ものに…なれっ!』


寂しいなんて思わせない、幸せにだって、する。


それでも、〇〇は、今、誰を思って、抱かれているのだろうか。


背中に冷や汗が流れる。現実の音が響く。


「…んっ、……ひか、………」


『…っ、』


中に吐き出した欲は、虚しい愛情の証。


いつまでも、叶わない、恋の捌け口。


…fin