読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ペットボトル→山田涼介○

 


**


#JUMPで妄想


**


フォロワーさま400人突破記念企画


(ももか💘さんリクエスト)


**


Very Thanks!!!


**


仕事が終わって家に帰ると、付いているはずのない電気がついている。


「…あ、涼介。来てたんだ。」


カバンを置いて、ジャケットをハンガーにかけるけど反応はない。


「涼介?」


体を揺するとぱちっと目を開く。でも、どこかふやふやしてるような?


『〇〇ちゃーん、ちゅっ、てな?!』


「はっ?!」


いつもではありえない。急に唇を尖らせて、触れるだけのキスを。


『…会いたかったり…したりしたり?』


「……水、水持ってくる。」


『いいよ〜』


「酔っぱらいは黙ってなさい!」


『…うぃ〜』


冷蔵庫に向かうと常備されたEvianに手を伸ばす。


「はい、ほら、飲んで。」


『涼ちゃん、飲めないな〜』


「馬鹿なこと、言わない。ほら…」


ペットボトルを持つ私の手ごと掴んで、ゆっくり飲んでいく涼介。
口元から少しだけ水が漏れてる。


「あ〜…服濡れてるよ」


『着替えさせて〜』


「せっーのっ……はいっ」


フリースを引っ張って、私の部屋に置かれているパジャマに手を伸ばす。


『ねぇ…もう着せちゃうの?』


「着せますよ…涼介酔うとめんどくさいんだもん」


『もっと楽しいこと、しないの?』


「しません。ほら、着て?」


ブーブー言いながらパジャマの上を着た涼介が今度はこくりこくり…


「涼介、寝ないで〜!」


『…何?かまちょ?』


「風邪引くでしょ?ほら、ベッド行くよ。」


『…連れてって〜』


ん?って腕を広げて待つ涼介に私は片手を差し出す。
だけのはずだったのに、腕を引っ張られてバランスを崩す。


『ふふ…〇〇だ〜』


「はい、…私です」


耳元で囁くから、変に緊張しながら答える。
きっと、今の私は耳まで真っ赤で、それを分かってなのか
耳を挟むように涼介の唇が捉える。


『…一緒に寝よ?』


「…はい。」


よぉし、なんて立ち上がったはいいものの、またふらっとする涼介。
腕を支えて、一緒にベッドにダイブ。


『…ふふ、』


私を抱きしめたまま眠りについた涼介の腕の中。私も眠りに落ちた。


____


『おはよ…』


「…昨日、酔ってましたね」


『ん…』


酔いが冷めた涼介はいつも通り微笑んで、でも多くは語らなくて。
そんな涼介も好きで私は涼介の頬に挨拶のキスをする。

 


…fin