読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○愛より恋より好きより→伊野尾慧○

 

**


#JUMPで妄想


**


フォロワーさま400人突破記念企画


(mikanさんリクエスト)


**


Very Thanks!!!


**


『〇〇〜、ご飯は?』


「できるから、お箸並べた?」


『もちろん。お皿もコップもお茶も出しました〜』


「よろしい!」


俺がアイランド型キッチンを望んだのには1番の理由がある。


「…そんなに見ないでよ。」


『いいから!早く早く!』


「はいはい…もうできますよ。ご飯とお味噌汁、よそって?」


『ん〜!今日の白米も良い輝きだ!さすが〇〇』


「いや、機械が作りましたからね?」


昔は可愛く、頬を赤くしてくれたのに、今は全然。
むしろうまくあしらわれて、俺だけ尻尾を振っているようで。


『〇〇、俺のこと好き?』


「好きだよ〜」


昔は好き?って聞くだけで赤くしてた頬も今ではあっさり回答。


『どこが好き?』


「全部って言ったら答えにならないんだっけ?」


また大人の余裕みたいな微笑みをする。
全然、初々しくはないし、むしろ、定例行事みたいな…。


『〇〇、俺のこと、本当に好き?』


「好きじゃなきゃ、新しいマンションに引っ越すまで付き合えないよ?」


お金ももったいなくて出せません。なんて、もっともなことを言われる。


『…でもさ、ほら、昔はすぐ赤くなって、すぐ照れてたじゃん!』


「今も照れてるよ。」


『でも、さ?でも…』


「慧は、赤くならない私のことは好きじゃない?」


俺の前で瞳が揺れる。あ、そうだ。〇〇は泣き虫だった。


『そんなわけ、ない…』


まただ…いつも大切にしたいのに、空回りして結局傷つけてしまう。


「…食べよう、冷めちゃうよ?」


『あ、うん。』


「……慧も、変わったよ…多分。」


『え…?』


へへって笑って、続きをごまかされたけど。
〇〇はきっと何かを感じたように微笑む。


『変わった俺はどう写ってる?〇〇に…』


「寂しさ半分、愛おしさ半分かな?」


〇〇はいつも俺を見ていて、いつも俺のそばにいる。


『俺、慣れちゃったのかな…幸せとか…そういうの?』


「慧が慣れたんじゃなくて、私が大人になったの。」


慧は子供のままだけどね?なんて笑われる。


『俺、20代も後半よ?』


「でも精神年齢高校生くらいだから」


そう言って、微笑んだ〇〇は昔も今も変わらない微笑みで。


言葉にすると嘘みたいに思える事も〇〇の言葉なら
それがきっと確かな真実になっていく。


『〇〇のこと、なんか好きなんだよね…ずっと』


「私もだよ、それでいいんじゃないかな?」


いつもそばにいるってことが大切なんだろうな…
なんて一人納得したように呟いて、ね?って微笑んで
その表情や仕草や1つ1つ、今この瞬間が愛おしく思えるんだ。


…fin