読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○言葉にできない→八乙女光○

 

**

 

#JUMPで妄想

 

**

 

 

いつもその背中に投げかけたい言葉は胸に仕舞われている。
今だって、本当は大丈夫?って言ってあげたい。
おいで、って腕を引いて、抱きしめてあげたい。


『…〇〇?食べたいものある?』


「ん?…特にはないかな?」


〇〇の曇った表情はここ何日間も晴れていない。


『これ、美味しいらしくてさ』


「誰に教えてもらったの?」


甘いものが好きな〇〇のためにメンバーに聞いて、買ってきた
お菓子を〇〇のもとに持っていく。


『メンバーが教えてくれた』


「本当にお洒落なものばっかり知ってるんだね」


引き攣らせた笑顔は無理している事が分かる。
それでも精一杯の笑顔を向けて、お菓子に手を伸ばす〇〇。


「…あ、美味しい!」


『……良かった』


一瞬晴れた表情に心の底から安心する自分がいる。


『…あのさ』


「うん?」


『ドライブでも行く?今日の夜。』


「行きたいかも…景色が綺麗なところ」


『行こうか。温かいものでも買ってさ』


うんって頷いた〇〇がまた少し晴れた表情を見せてくれる。


「光ってさ、不器用だよね。」


『急になんだよ…』


「間違ったことは言ってないと思うよ?」


〇〇がコートとマフラーに手を伸ばす、その手を俺は引き寄せて。


「…どうしたの?」


『別に…行こうか。』


ふふって、笑った声が聞こえて、今更恥ずかしくなる。
それでも良いやと思いながら俺も準備をしようと動き出すと
後ろからぎゅっと〇〇に抱きしめられる。


「本当に、光はだめだなぁ」


〇〇のその声は少し跳ねているようで、これで良かったんだと
思うから、また俺は〇〇を抱きしめる。
ドライブ、どうしようかなと、頭の中をぐちゃぐちゃにしながら。

 

…fin