読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○ほろ酔い○


**


#JUMPで妄想

 

薮宏太/八乙女光/中島裕翔/髙木雄也


**


ほろ酔い


**

**


薮宏太


**


「…ん〜、眠い」

『酒飲むと、眠くなるとこ、変わらないね〜』

幼なじみの家ってだけで色々無防備になるのはお互い様。
今日は宏太の家にお邪魔して、2人で2缶ずつお酒を飲んでいたり。

「無理、一旦眠る」

『おい、そこで寝るな』

「…むり、うごけない、」

『はぁ…仕方ないな…』

立ち上がった宏太が私の方に近づいてくる。
体がふわっとした感覚。私は無意識に宏太の首に腕を回す。

『…おい、離れろ。』

「……一緒に寝よ〜」

『はぁ?何言って…』

余計にぎゅっと抱きしめるから、宏太は少し困った顔。
幼なじみとは言え、女の子。強い力なんて出して来ない。

「…寝るでしょ?どうせ。」

『そりゃそうだけど…』

宏太も一緒にベッドに倒れ込む。
ようやく首の周りにあった腕はどこへとやら…
なんてことはなく、ちゃっかり腰に腕を回す。

『…あのさ』

「ん〜、どうしたの…?」

『俺も男よ?』

「知ってる…私のこと軽々…」

『おい、寝るな。』

おでこをぺちっと叩かれて、また目が少しだけ覚める。
このうとうとしていた間に、宏太の腕も私の腰に回ってきていて。
その腕が少しずつ上がってきて、私の頭を撫で始める。

「…少しも間違ってない。」

『ん?何が?』

その返事をする前に、私の意識は夢の中へと消えていく。

その大きな手が私を抱き寄せて、宏太の温かさでいっぱいになって…
そんな事も夢なのか現実なのか分からなくて。

『…好きだから困るんだけどな。』

そのセリフも夢なのか希望なのか、はたまた現実なのか。
今日も私は知らない。

 


**

八乙女光

**

 


「…ねぇ、好き。」


『ああ…めんどくさいやつか』


「なっ!好きなんだから、しょがないでしょ…」


俺に腕を絡めて、頭を肩にのせている。
眠い、って甘い声で言いながら、ほろよいに手を伸ばす。
普通、本当にほろよいを飲んでほろ酔いになるか?なんて面白くない
ツッコミを心の中で入れつつその腕を外そうとする。


「ねぇ…ちゅ、しよ。」


『…しねーよ。』


「してよ、ばか。」


『ばかじゃねーよ』


「…するの!」


急に力強くなった〇〇は、俺を押し付けるように倒して上に跨る。
ソファがクッション性を持っていて良かったと思う。


『痛いって、』


「我慢して…っ、」


唇を噛むように俺の唇に吸い付く。

 

**

中島裕翔

**

 

「裕翔っ、……んん、」


『なぁに?…って、寝てるか。』


酔うとすぐに眠り始める。俺の名前を呼ぶ。変わらないその姿に微笑む。


『…ほら、風邪ひくよ。』


毛布を持ってくると、その毛布を握りしめる。
何かを握りしめていないと眠れない〇〇がまた愛おしくて。
おでこにキスをすると、くすぐったさそうに口元を緩める〇〇。


「…ふふ、ちゅーは?」


『起きてるだろ〜』


「ふふふ…ん。」


突き出された唇に俺は唇を近づける。
でも、わざと重ねなくて、焦らす。

 

「あ〜…裕翔が意地悪っ、」


ちゃんと重ねてあげるから、〇〇は目を見開くみたいに丸くする。


「…ふふ、一緒に寝る?」


自分の隣を叩いた〇〇と、一緒に毛布に潜り込む。
良い匂いがする。〇〇を抱きしめて、俺も眠気に襲われる。
好きだよ、そう呟けば〇〇は気持ちよさそうに眠り始める。

 

**


髙木雄也


**

 

「…暑い、」


『寒いの間違えだろ』


こたつの中、2人でパタパタしながら、ビールを飲む。


『こたつ、切る?』


「寒くなるから嫌。」


『だろ?』


俺と〇〇はずぼらで、それでいて酒好き。
宅飲みが一番なのだと改めて思う。


「暑いなぁ…」


『…パタパタするな。』


「ん?見てるの?イヤラシイ〜えっち〜」


ほれっ、とか言って、見せてくる〇〇の腕をつかむ。


『襲うぞ?』


「願ったり叶ったり…かも?」

『は?』


こういう展開は予想できない。

 

…fin