読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○甘い○

 

**


#JUMPで妄想

 

薮宏太/八乙女光


**

 

 

甘い

 

 

**

 

薮宏太

 

**


「宏太?勉強中?」


『ん?ああ…どうした?』


幼なじみ、同い年。昔から変わらない優しさはきっと母親譲り。
〇〇が俺の部屋のドアから顔を覗かせる。


「勉強、一緒にしないかなって?」


『いいよ。あ、甘い匂い。』


「うん、さっきまで作ってたの。食べる?」


〇〇がジップロックに詰まったお菓子たちを出してくれる。
俺はリビングから飲み物と2人専用のコップを取りに行く。


『オレンジジュースで良かった?』


「うん!ありがとう!」


その笑顔はお父さん譲りだ。そんな事を思う。


『今年のバレンタインは決まったの?』


「宏太はどれが一番美味しかった?」


ここ1週間、〇〇が今年配るお菓子の試食会状態で。
毎日のように〇〇が美味しいお菓子を作ってくれる。
俺のため、ってわけじゃないけど。


『俺は…トリュフとマドレーヌかな?』


「じゃあその2つの詰め合わせにする!」


決まった!って言いながら教科書を開く。
俺も一緒にノートを開く。


『あ、チョコついてる』


「え?どこ?とって!」


困った顔して俺の方を見つめてくるから、ティッシュ片手に手を伸ばす。


『ほい、じゃあ勉強しようか。』


〇〇の頭をぽんっと1度。頬を赤くしたその様子が誰よりも可愛い。
だからこの手はきっと、〇〇のためだけのもの。


「宏太の手、日に日に大きくなるね」


『そうか?』


「うん、安心する。」


微笑みが優しくて、俺の心は荒れ模様。好きなんて苦しい。

今年のバレンタインは本命が貰えるのだろうか、今年は〇〇から。
そんな事を考えながら、俺はシャーペンをノックする。

 

**


八乙女光


**

 


『…なにこれ』


「作ったの、それだけ!」


幼なじみが俺の部屋を訪れる。いつも通りの言葉たちと動作と。
押し付けられた焼き菓子の容器。開くと甘い香りを俺の部屋に漂わせる。


『…甘い』


1口齧ると、バニラの甘い味が口いっぱいに広がる。
俺は心がきゅっとする感覚を気付かないふり。


{もう、光!ちゃんとお礼言ったの?}


『…趣味の延長だろ、俺に渡すのも。』


部屋に入ってきた母親が飲み物ついでにあてつけを残していく。

俺だって、もう少し素直になりたいと思う。
でも、素直に生きられるようには育ってない。


"美味かったよ"


LINEを送る。これが俺の精一杯の素直。


"嘘つき。甘いの嫌いでしょ😡"


〇〇からの返信に俺は吹き出しそうになる。
1人、部屋の中でにやにやしてしまうから、困ってしまう。


"俺でも食べれたよ"


可愛げのある返事は薮に聞けばいいやとか、
そういう事を思いながら可愛くない返事を送る。


"また明日、持ってくかも"


どうせまた、この部屋に何も言わずに来るのだろう。
その時はいつもと違う言葉で迎えられるだろうか。


『……甘いな。』


もう一口、もう一口を繰り返すとすべて食べきってしまう。


"また待ってるよ"


そのままiPhoneを手放して、教科書に手を伸ばす。
きっと、既読がついているであろうLINE。返信は来ない。

もし、彼女になっていたとしたら、この後も返信は来るのだろうか。

そうこうしていれば3時間は過ぎていた。


『……甘いもの、食べてーな。』


食べ終わった空の容器を持って部屋を出る。
流しで洗って、拭きあげて、家を出る。

まだ余ってたら、また貰ってこよう。
そうしたら、少しは話せるのか?そんな期待をする。

 

 

…fin