読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○月夜に夢見頃→薮宏太○

 

**

 

#JUMPで妄想


HappyBirthday.


**


廊下で後ろからぽんと肩を叩かれる。
振り向くと金髪に近いような、制服には似つかない格好の男の子。


『ねぇ、プレゼントは?』


「プレゼント?ですか?」


『うん、プレゼント。』


ニコニコしたその笑顔は私に疑問を抱く。


『え?今日、誕生日だよ』


「…えっ、そんなの……知らないです」


『ひどいなぁ…じゃあプレゼントなし?』


「はい…ごめんなさい」


クラスメイトの薮君のその微笑みが私の心を締め付ける。
何も無い…今日に限ってお菓子も持ってない。


「…明日っ、明日でもいいですか?」


『明日は誕生日じゃないからな〜』


「……本当に、ごめんなさい」


ああ…最悪だ。涙が溜まって、泣き出してしまいそう。


そんな私の両頬をその長い指で掴まれる。


『…ふっ、酷い顔』


「はひゃしへぇくへぇしゃい(離してください)」


『え?なんて?』


笑いながら顔を近づけてきて、ふにっと唇が押し付けられる。
離れる頃には目を丸くする私と、楽しそうに笑う薮くん。
また、唇が重なって、下唇を弱く挟まれる。


「…薮くん?」


『〇〇でもいい?プレゼント…物みたいにはしたくないけど』


「…、はい?」


なんだかおかしくなって、笑いながら薮くんの言葉を聞く。


『彼女になってください。』


だめ?って聞かれると私は首を振って、薮くんは微笑んで。
私と、薮くんが見つめ合って、ここは廊下だっていい加減思い出す。


「プレゼント、私には無いんですか?」


『え?プレゼント?』


「実は、私も誕生日なの。」


微笑んだ私が一枚上手だったりする。

 

…fin