読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○恋祝→中島裕翔○

 

**


#JUMPで妄想


**


「〇〇、おいで…くらい言えないの?」


『いやいや、〇〇があんな笑顔で話してるから』


「ヤキモチ妬かないの?」


『妬くのも楽しいの』


「…変態」


2人で歩く帰り道。制服のスカートから出る足が寒い。


「…で、最後は」


『キスは流石に止めますよ?』


「だぁからって、目の前で…皆の前でキスしなくても!」


『みんなの前なら山ちゃんが良かった?』


裕翔が意地悪に笑うから私はカバンで裕翔を殴る。


『おっあぁ、!』


「痛いのくらい言葉にして!」


さっきまでクラスでいろいろあったことも忘れてしまいたくなる。
そんな2人きりの時間が私は一方的に好き。


『まさか、浮気願望があったなんて…』


「ないから!さっきから誤解だから!」


涼介が声をかけてきて、何の話をしてたかも覚えてないけど盛り上がって
気づいたら顔が近くて、前に伸びてきた裕翔の手。


『せっかくのさ?』


「…ん?せっかく?」


裕翔がため息をついて、こりゃダメだって顔をする。


『2年記念日、今日だよ。』


「あ、そんなに?」


『やっぱり忘れてた…』


さらに諦めたようなため息と共に、唇が重なる。


『愛が足りないんじゃない?』


困った顔した裕翔が私の手を繋ぐ。
絡まる指に私も応えて、目線が合えば微笑みあって。


「また1年、過ごせるかな〜」


なんて言うけど、どうにかなる気がする。
裕翔の手を少し強く引いて、バランスを崩した裕翔の唇に
私は無理やり唇を押し付けた。


…fin