読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○憧れのシュート→薮宏太○

 

**

#JUMPで妄想

**


「先輩っ!」


『おお〜〇〇。』


「お疲れ様です。」


ペコリと頭を下げるとふにゃぁと笑うその顔が好き。


「疲れました?飲みますか?」


『気が利くね!』


スポーツドリンクを手渡すとぐびっと飲む。
喉仏が動いているのがなんだかセクシー。なんて、言ったら
どこ見てんだよ〜ってまたその笑顔を向けてくれるのだろうか。


「…今日もたくさんシュート、決めてましたね。」


『部内の練習試合だけどね?』


本番で決めたらかっこいいよな!なんて笑う先輩に
いつだってかっこいいですよ!って返したくなるのは私だけ?


「…次の試合、シュート決めてください。」


『ん〜?俺がシュート決める所、見たい?』


「いつも決めてますけど…なんか約束して決めてくれたら…」


『かっこいいよな、決めたら。』


頷く事しか出来ない。なんて返せばいいのか思いつきすらしなくて。


「…外してもいいですよ、」


『いや、ちゃんと決めるよ』


自分でも何言ってるんだろうって嫌気がさしてきた。
そんな時、先輩が私の肩に先輩の肩をぶつけてくる。


『だからさ、ちゃんと見てるんだぞ?』


「え…っ、あ、はい。」


頭をポンポンってされて、しまいにはわしゃわしゃって。
マンガの主人公、王道系のやつ貰っちゃいました!
なんて心の中でガッツポーズをしている私に追い討ちが…


『あ、やべ〜、戻るわ!』


かかることもなく、光先輩に睨まれた薮先輩はグラウンドに戻っていく。
私は上の空、夢の中、どの言葉にも似合わない世界にいるようで…


『〇〇?〇〇〜!』


「あっ!…えっ、あ、はい?!」


気付いたら、また目の前に薮先輩。


『次の試合、ハットトリック決めたら、彼女になって?』


私が頷くより0.5秒早く、練習戻るわ!ってかけていく先輩を見送った。


…fin