読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○Tasty U→中島裕翔○

 

**

 

12/16

 

#JUMPで妄想

 

#Album_m_m

 

(DEAR.初回限定盤1)

 

**

 

「裕翔…どうしたの?」

 

ベッドレスが軋む音。近づいた白くて細い指。
少し赤くなったのは血色の問題か寒さなのか。

 

『仕事の連絡…』

 

「ふ〜ん…ねぇ、裕翔?」

 

『ん?ああ…』

 

唇を近づけてくるからなんとなく察した俺はその唇に俺のを重ねる。


〇〇の腕は俺の首に回ってきて、絡まって。
同時に舌も絡められるから、心の中にふつふつと熱い感情。

 

『…もういい?』

 

「……ん。」

 

少し不服そうに、でも受け入れる〇〇の余裕。
少し悔しくなる。

 

"…旦那にはもっと、もっとって求める?"

 

脳裏にそんな事を思ううちは俺はまだ子供なんだと思う。

 

マネージャーからのメール。1通り目を通していても感じる視線。

 

『何?』

 

「ん?ふふ…裕翔ってかっこいいなって、ね?」

 

『今更?』

 

〇〇は今更かもね、なんて微笑む。
そのまま、また唇が近づいて、俺は受け入れる。

 

『…まだやんの?若いね』

 

「旦那は疲れてるって相手してくれないの。」

 

『薮くん?』

 

「…私も薮だけど?」

 

傷ついた顔しないでって言いながら素肌を俺にはりつけてくる。
やっぱりこの状況で〇〇が有利なわけで。

 

「ほぉら…元気になったでしょ?」

 

『……ずりぃよな』

 

「裕翔だってこれが目的でしょ?」

 

本当に好きになったなんて言えないから、俺は黙り込む。
都合良さそうに唇をさらに押し付けてくる〇〇が微笑んだ気がした。

 

『……最低だな』

 

「裕翔も共犯だから」

 

今度は〇〇が傷ついた顔をする。
本当はこんなことしたくないことくらい知ってる。
でも、〇〇から引きずり込んだ不倫関係を今更解消なんて出来ない。

 

「…ねぇ、いいでしょ。」

 

『何が?』

 

「私が誰を一番好きか、なんて」

 

良くなんかない。そう言えたら良かった。
でも、その言葉を言えない俺はまた黙り込んで。


〇〇は俺の表情を見ると苦しそうに笑って、背中を向ける。

 

「今日は帰るね」

 

立ち上がって、下着を着ける。時間を見れば16:00近く。

 

『帰ってくるから?』

 

「…ご飯、作らないと。一応奥さんだから。」

 

『今日も薮くんは帰らないよ。』

 

理由は知ってる。
その穴埋めをする俺の事なんて〇〇は眼中にもないんだろう。

無意識のうちに抱きしめて、その白い肌に赤い跡が残る。

 

『…まだいいでしょ?』

 

好きの代わりに言葉を選ぶ。

 

 

…fin