読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○Special Love→中島裕翔○

 

**


7/16


#JUMPで妄想


#Album_m_m

 

(DEAR.初回限定盤1)


**

『はぁ……』

 

肩で息をしながら、俺は信号を待つ。どれだけ走ったことか。


いつも笑顔を絶やさない〇〇から、弱気なLINE。待っててって送ってから何分くらい経ったのだろうか。

 

「裕翔?どうしたの?」

 

いつもの場所、そう伝えて出た俺を待っていたのはいつも通りの〇〇。

 

『いや、ほら…これ、』

 

「あっ…うん。なんかごめんね?」

 

もう平気って笑う〇〇。女子の平気とか大丈夫って本当は…母親からそう聞いたことがある。
抱き寄せて、おでこにキスをする。

 

「…裕翔?」

 

『……ん〜?なんかさ?』

 

とりあえずご飯行こうか?ってその小さな手を握る。〇〇はあとを引くような笑顔を見せる。


その表情を見逃さない、それが俺のできること。少しだけ、いつもより気持ちを込めて手を握る。

 

『何食べたい?今日はなんでも〇〇が食べたいものをね。』


「じゃあ…ラーメン。」

 

『…女子っぽさ0だね。』

 

「なんでもいいって言ったよね?」

 

いいじゃんって〇〇は笑う。こういう笑顔、俺は好き。そういう事、一つ一つ伝えてしまう俺だけど、今日は引き留めよう。

 

『とんこつ?』

 

「うん。あそこがいいね。」

 

いつも行くラーメン屋さん。2人で知っている道を歩く。

 

『俺、いつも〇〇に元気貰ってるな。』

 

「私もだよ。お互い様。」

 

元気がない時に、かける言葉はいつも思いつかない。


無理して何も言わない〇〇に対しては特に。
だからこそ、そばにいていつも通り、いつも通り。

 

『ほい、どうぞ。』

 

のれんを2人でくぐって、注文。
割り箸を渡して、2人で割る。

 

「ん〜…美味しい!これは間違いないね。」

 

『美味しいよね。本当にいつもいつも…ありがとうございます!』

 

お店の人に手を合わせる〇〇。お店の人も笑顔で返してくれる。
〇〇は愛される力がある。そう改めて思う。

 

『…じゃあ行きますか?』

 

「うん。ごちそうさま。」

 

いつもその笑顔に俺は癒されて、また抱きしめる。頭を撫でると、んんって声がする。

 

『ねえ、今日は元気なかった?』

 

「…うん、ちょっとね。」

 

『…元気出た?』

 

「うん。出たよ。」

 

体が離れるとありがとうって笑顔を向けてくれる。その笑顔に騙されるように唇を重ねる。

 

「…甘い。今日の裕翔、甘い。」

 

そう言いながら俺と手を繋いで歩き出す〇〇。

 

『また何かあったら、すぐに弱音吐いてよ。じゃなくても気づく。』

 

じゃあ連絡する必要ないじゃんって笑うけど、でも欲しいよ。
どんな時だって、好きな子からの連絡は1つの特別な愛なんだから。

 

…fin