読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

○Run de Boo!→知念侑李○

 

**

3/16

 

#JUMPで妄想


#Album_m_m

 

(DEAR.初回限定盤1)


**

 

『ほら、行くよ!』

 

「はやいっ…侑李!」

 

久しぶりのデート。ずっと待ってたんだから。
僕が楽しみにしていたことなんてきっと知らない〇〇。


元気過ぎるよって呆れた様子で笑う。

 

『今日は行きたいところたくさんあるんだから。』

 

「全部行くから走らないで。」

 

がっちりと繋がれた手。走れなくはなったけど幸福感がある。隣にいる〇〇をチラチラ見ながら歩く僕。少し…だいぶ気持ち悪い。
そう思うけど、目が合う度に頬を赤くする〇〇が可愛すぎる。

 

『今日1日デートなんだよね?』

 

「誘ったの、侑李でしょ?」

 

違ったの?なんて少し頬を膨らませる〇〇。
1日デート、なんて嬉しすぎて俺は頬をまた緩める。

 

いつも僕達は正反対をいったり来たり。

 

「え…ここって。」

 

目的地に着いた。〇〇はびっくりした様子で。

覚えてる?って顔を覗き込んでみると予想通り、頬を赤くする〇〇。


初めてデートした場所、涼介に聞いて女の子も喜びそうなカフェに。あの時は今なんか想像できないほどに緊張していた僕。


こんな風に隣で〇〇の楽しそうでリラックスしたような、そんな笑顔を見ることなんてまだできなかった。

 

『…あの時と同じもの?』

 

「侑李ははたして、覚えてるでしょうか?」

 

いたずらに〇〇が笑うから、見ててよ!って店員さんを呼ぶ。緊張した記憶の中で頼んだ、メニューたちをまた、頼む。

 

店員さんがお辞儀して、席を離れると〇〇がばっちり!って。嬉しそうに笑うから、心の中でほっとする。でも、それだけじゃつまらない。当たり前ってでこぴん。


また膨れっ面をする〇〇を抱きしめたくなる。

 

『あの…これ。』

 

いろいろな感情を隠しながら〇〇の前に紙袋を差し出す。きょとんとした〇〇に開けるように促す。

 

「えっ…これ、あ…え、なんで?」

 

『ずっと見てたから。』

 

この間までやってたドラマに出てくるネックレス。これが欲しいの?って聞いたら侑李にはわからないと思うって。


そう言ってたけど、今なら分かる。その嬉しそうな顔が証明してる。つけてよ!って楽しそうに〇〇が言うから、僕は立ち上がる。


後ろに回って、〇〇の細い白い首につける。

 

『似合ってる。綺麗だよ。』

 

「…もう、急にそういうこと…っ!」

 

後ろから覗き込んで、そのままキスをする。
〇〇、首痛いかな?って心配になるけど、唇が離れると赤い頬が見えて。

 

『…夜まで長いですよ?』

 

「今日は泊まってくから…もっと長いもん。」

 

『掃除してないよ?』

 

「いっつもそう言うけど、汚い侑李の部屋、見たことないもん。」

 

汚かったら私が掃除するからって張り切りだす〇〇。そんな〇〇の頭をわしゃわしゃってするとまたその笑顔。

 

『長いからね!今日!』

 

ケーキを頬張る僕たちは目が合う度に笑い合う。そんな久しぶりの当たり前が最高に幸せで。

 

「…侑李、好き?」

 

見つめられたその視線をも、独り占めして奪ってしまいたくなる。


返事は焦らして、少しもやもやさせておこう。
家に着いたらいっぱい、聞かせてあげるんだから。

 

…fin